在宅マッサージ治療について

現在は、高齢化社会が進んでいると言われています。
その為、高齢者の方へのマッサージサービスも需要が増加しています。

 

その内容は、身体が不自由で病院に通えない方の為に
保険診療で自宅でマッサージ治療を受けられます。
このような治療が広まった背景には、2006年の法改正により
入院期間やリハビリ期間が大幅に短縮された事も大きく影響しています。

 

現在は、介護難民やリハビリ難民という言葉もよく耳にします。
つまり、すべての高齢者の方が満足できるリハビリを受けられなくなってきています。

 

在宅マッサージ治療では、リハビリを満足に受けられない寝たきりの高齢者の方や
歩行困難な高齢者の方に医師の同意書がある上でおこないます。
医師の同意書があるので、
自宅でも健康保険を利用してマッサージを受ける事ができます。

 

在宅マッサージ治療の施術内容は、
利用者の症状や体調に合わせて違いがあります。
しかし、利用者の方の症状緩和や生活動作の向上が期待できます。

 

また、身体機能の改善や回復を目的としたマッサージがおこなわれます。
マッサージにより、血液やリンパの循環を促進させます。
その効果により、新陳代謝が活発になり床ずれやむくみの改善が期待できます。

 

さらに、硬くなった筋肉をほぐし緊張を和らげる事で
痛みやしびれを緩和する効果もあります。
また、マッサージをする事で、関節の可動域を広げる効果もあります。
すると、関節の動きが向上し筋力回復につながります。

 

つまり、日常生活を行う為の動作向上につながり、
身体機能の維持や回復効果も期待できます。